夫婦でぶらり旅♨️

混浴温泉巡り♨️美味しいもの食べ歩き😋

⑫九州ぶらり旅 壁湯温泉「旅館福元屋」

混浴露天風呂

壁湯温泉「旅館福元屋」】

壁湯温泉 共同温泉

かべゆおんせん「りょかんふくもとや」

f:id:furo_emon:20190824184116j:image

壁湯天然洞窟温泉 旅館 福元屋

 

洞窟の岩壁に空いた横穴と足下の岩の切れ目から温泉が自噴しています。

 

「1時間の入浴で壁湯温泉を語るなかれ、最低2時間は入らないと。」と説明書きがしてある通り、最高のぬる湯!何時間でも入っていられます👍

 

 

〒874-4723
大分県玖珠郡九重町大字町田壁湯
TEL       0973-78-8754
入浴料   300円
時間       9:00~21:00
定休日   不定
駐車場   あり 敷地内の駐車場は宿泊者専用なの        で日帰りは公共駐車場へ
構成       露天風呂(混浴2)
内湯 (貸2、女1)

 

 

壁湯洞窟温泉(混浴)

蛍見の湯(混浴)

女性専用洞窟風呂(女性)

 

(貸切風呂)※立寄りは入浴不可

隠り国の湯

切り出しの湯

 

駐車場は、敷地内は宿泊者専用になりますので、近くの公共駐車場に停めます。


f:id:furo_emon:20190824183905j:image

f:id:furo_emon:20190824183918j:image

f:id:furo_emon:20190824183913j:image

f:id:furo_emon:20190824183909j:image

f:id:furo_emon:20190824183902j:image

 

f:id:furo_emon:20190824184324j:image
f:id:furo_emon:20190824184320j:image
f:id:furo_emon:20190824184337j:image

福元屋さんの玄関に行くまでに、左方向に共同湯と言う看板があります。

福元屋さんとは別に共同浴場があるのです‼️
f:id:furo_emon:20190824184340j:image

先ずは、そちらの方へ行ってみることに!f:id:furo_emon:20190824184349j:image

f:id:furo_emon:20190824184359j:image

無人共同温泉で、¥200を湯銭箱へ
f:id:furo_emon:20190824184329j:image

脱衣所で着替えて、階段で下へ降りた川沿いに湯槽があります。
f:id:furo_emon:20190824184410j:image

階段を降りた所に洗い場があります。
f:id:furo_emon:20190824204942j:image

浴槽は一つです

f:id:furo_emon:20190824184316j:image
f:id:furo_emon:20190824184354j:image

気持ちの良い湯温!

薄暗い半露天も、何だかとっても落ち着きます
f:id:furo_emon:20190824184403j:image

そとは川が流れ、湯上りに気持ち良い風が吹きます☺️
f:id:furo_emon:20190824184406j:image

 

共同浴場とは反対の方へ行くと、福元屋さんです。
f:id:furo_emon:20190824184313j:image
f:id:furo_emon:20190824184415j:image

なんとも閑静な佇まいです!
f:id:furo_emon:20190824184343j:image

フロントで、立寄り料金¥300を支払い、お目当ての洞窟風呂へ

しかし立寄り料金¥300は良心的やなぁ〜

f:id:furo_emon:20190824184547j:image
f:id:furo_emon:20190824184606j:image

手前にあるのが、女性専用の洞窟風呂です。

混浴の苦手な方はこちらへ
f:id:furo_emon:20190824184617j:image

奥へ進むと右手に洞窟風呂があります。

その奥にチョットした簡単な男女共用の脱衣所。

女性専用の洞窟風呂で着替えて来る女性の方もおられます。

f:id:furo_emon:20190824190526j:image

洞窟風呂には先客がおられたので、画像はありませんが、約300年前に川を仕切って湯船にしたという神秘的な雰囲気のお風呂。

しかも湯温は36度位で、のんびり、ゆっくり入浴出来る素敵なお風呂です。
f:id:furo_emon:20190824184559j:image

ここには、もう一つ露天風呂があります。

川沿いへ降りる階段があって、「蛍見の湯」と書いてある所です。
f:id:furo_emon:20190824184614j:image

画像の上に柵が見えている所が、壁湯洞窟温泉です。

画像の露天風呂が蛍見の湯です。
f:id:furo_emon:20190824184611j:image

川と一体になった様な露天風呂で、洞窟風呂にはない景色の良さ!

そしてぬる湯!
f:id:furo_emon:20190824184550j:image
f:id:furo_emon:20190824184622j:image

何もかも忘れて、森の中を流れる川と一体になって、ここだけが時間が止まった感じ…
f:id:furo_emon:20190824184555j:image

いやぁぁぁぁぁ最高の温泉でした〜
f:id:furo_emon:20190824184544j:image

 

どちらかと言うと、夏向きの温泉ですが、このぬる湯大好きな温泉です!

今度は泊まりで行きたいと思います♬

 

✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤

読者になってくださいね💁‍♀️

↓↓↓ランキングに参加しております。 ポチポチお願い🙇‍♀️🙏

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 混浴温泉へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ
にほんブログ村


温泉ランキング

 

 

 

 

⑪九州ぶらり旅 日田市「天ヶ瀬温泉共同露天風呂」

混浴共同露天風呂

天ヶ瀬温泉 共同露天風呂】

f:id:furo_emon:20190825065055j:image

 

↓日田市観光協会日田支部HP↓

お還りなさい天瀬

 

玖珠川の河原には共同露天風呂が5箇所と旅館所有の露天風呂があります。

共同露天風呂は、JR天ケ瀬駅から徒歩約1分程にある「駅前温泉」をはじめ、「薬師湯」「神田湯」「益次郎温泉」「鶴舞の湯」の5箇所。いずれも料金箱に100円を入れて入浴する。どの共同露天風呂も天ケ瀬駅から徒歩約15分以内である。

f:id:furo_emon:20190823211500j:image

f:id:furo_emon:20190823194648j:image

駐車場は市営桜滝駐車場が無料で、トイレもあります。(上記地図の右下黄色円)

天ヶ瀬駅を左へ2〜3分です。


f:id:furo_emon:20190823193708j:image

f:id:furo_emon:20190823193711j:image

ここにクルマを停めて、後は徒歩で露天風呂巡りをするのが便利です。

 

天ヶ瀬駅
f:id:furo_emon:20190823194003j:image
f:id:furo_emon:20190823193941j:image
f:id:furo_emon:20190823194000j:image
f:id:furo_emon:20190823193950p:image
f:id:furo_emon:20190823193937j:image

本当に駅前に、一番目の「駅前温泉」があります。
f:id:furo_emon:20190823194007j:image

料金¥100を入れて入浴。
f:id:furo_emon:20190823194010j:image
f:id:furo_emon:20190823193945j:image
f:id:furo_emon:20190823193933j:image

脱衣所はありません。

湯槽の前に棚があり、そこで着替えます。

入浴者からは丸見えです(///o///)

タオル巻不可
f:id:furo_emon:20190823194021j:image
f:id:furo_emon:20190823194013j:image

ここが湯温もちょうど良くて一番気持ちの良いお風呂でした!

駅前の道を右へ歩いて行くと川沿いに順番に露天風呂があります。

 

駅前から歩いて行くと次は、


天ヶ瀬温泉 ホテル水光園(旧:シャレー水光園)があります。

ここは、ホテル所有の川沿い混浴露天風呂と貸切風呂があります。

 

天ヶ瀬温泉 ホテル水光園
〒879-4201 大分県日田市天瀬町桜竹485-1
TEL. 0973-57-3140

日帰り 11:00~17:00

入浴料=大人800円、小人(3歳~小学生)500円/混浴露天風呂=大人500円、小人300円/

 

f:id:furo_emon:20190823195830j:image
f:id:furo_emon:20190823195842j:image
f:id:furo_emon:20190823195852j:image

フロントで日帰り料金を支払い、混浴露天風呂へ♬
f:id:furo_emon:20190823195823j:image

f:id:furo_emon:20190823195839j:image

あいにく、露天風呂の清掃がまだ終わってないので女将さんが、清掃が終わるまで貸切風呂へどうぞ💁‍♀️って、無料で案内してくださいました。

なんて親切な!

お言葉に甘えて、貸切風呂「白蓮」へ

本当はここ50分¥2,000なんです。

アリガト!(´▽`) 女将さん🙇‍♂️

f:id:furo_emon:20190823195902j:image
f:id:furo_emon:20190823195815j:image
f:id:furo_emon:20190823195835j:image
f:id:furo_emon:20190823195818j:image

清掃も終わったので、川沿いの露天風呂「河鹿の湯」へ
f:id:furo_emon:20190823195849j:image

ここは絶景と言うより360度丸見え露天風呂!

まぁこれを目当てに来たのだけれど(笑)
f:id:furo_emon:20190823195858j:image

開放感は最高!

f:id:furo_emon:20190823195826j:image
f:id:furo_emon:20190823195855j:image
f:id:furo_emon:20190823195846j:image

ホテルの管理している露天風呂なので、綺麗な露天風呂でした。

 

次は、対岸にある「益次郎温泉」ですが、ここは夕方からなのでパス


f:id:furo_emon:20190823203727j:image

f:id:furo_emon:20190823203730j:image

 

次は、「薬師湯

f:id:furo_emon:20190823204022j:image
f:id:furo_emon:20190823204026j:image
f:id:furo_emon:20190823204019j:image
f:id:furo_emon:20190823204012j:image

43.7度😱熱すぎて入れない
f:id:furo_emon:20190823204035j:image

という事でほとんど足湯状態

それなら別に裸にならなくてもええやん!

って感じ(笑)
f:id:furo_emon:20190825065715j:image


f:id:furo_emon:20190823204031j:image

 

次は、「神田湯」

ここは、水着、タオル巻きOKです。

f:id:furo_emon:20190823210351j:image
f:id:furo_emon:20190823210418j:image
f:id:furo_emon:20190823210344j:image
f:id:furo_emon:20190823210406j:image
f:id:furo_emon:20190823210354j:image
f:id:furo_emon:20190823210414j:image

f:id:furo_emon:20190823210527j:image
f:id:furo_emon:20190823210410j:image

f:id:furo_emon:20190823210357j:image
f:id:furo_emon:20190823210403j:image

あまりお湯が入っていなかった😅

この時は源泉の投入を止めていたのかな?

f:id:furo_emon:20190823210346j:image

ということで、早々に撤収

 

最後は「鶴舞の湯」

ここは、現在、18:00~22:00までの営業です。

なので、偵察のみ!

 

f:id:furo_emon:20190823211033j:image
f:id:furo_emon:20190823211029j:image
f:id:furo_emon:20190823211025j:image

 

以上が、天ヶ瀬温泉 川沿い共同露天風呂巡りでした。

 

天ヶ瀬温泉はランチを食べる所は少ないので、先程立寄りしたホテル水光園の女将さんに教えてもらったのが、神田湯と鶴舞の湯の中間くらいに「山田屋」さんがあります。

 

 

地元の方が利用する食堂ですが、美味しかったですよ!

f:id:furo_emon:20190823211908j:image
f:id:furo_emon:20190823211912j:image

 

とってものんびり出来る素敵な温泉でした!

今度は泊まりで来ようかな〜♬

なんて思いました✌️

 

✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤

読者になってくださいね💁‍♀️

↓↓↓ランキングに参加しております。 ポチポチお願い🙇‍♀️🙏

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 混浴温泉へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ
にほんブログ村


温泉ランキング

 

 

 

 

 

⑩九州ぶらり旅 由布院温泉「下ん湯」

混浴共同浴場

由布院温泉「下ん湯」】

ゆふいんおんせん「したんゆ」

 

湯布院の観光スポット「金鱗湖」に隣接している共同浴場

f:id:furo_emon:20190823131206j:image


住所:〒879-5102
大分県由布市湯布院町川上1585
TEL: 0977-84-3111(湯布院町商工観光課)
入浴料:200円
営業時間:9:00~23:00
定休日:無休
駐車場:近隣に有料駐車場あり
露天(混浴1)
内湯(混浴1)

 

 

 

金鱗湖

金鱗湖由布院を代表する観光スポットの一つです。
明治初期の儒学者・毛利空桑が、湖で泳ぐ魚の鱗が夕日で金色に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたといわれています。
湖底から清水と温泉が湧いていると言われ、年間を通じて水温が高いため、冬の早朝には湖面から湯気が立ち上る幻想的な光景を見ることができます。

f:id:furo_emon:20190823130238j:image

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

駐車場はタイムズの「湯布院金鱗湖」が安くて近くて良いと思います。

ナビゲーションもこの駐車場めがけて行けば良いと思います。


f:id:furo_emon:20190823130806j:image

f:id:furo_emon:20190823130812j:image

f:id:furo_emon:20190823130809j:image

湯布院観光の散策道の奥にある金鱗湖

観光客(特に外国人)で大混雑

湯布院人気をあらためて感じました😅

その金鱗湖のすぐ裏に、ひっそりとある共同浴場「下ん湯」

f:id:furo_emon:20190823131140j:image

無人なので表にある料金箱に¥200を入れます。
f:id:furo_emon:20190823131143j:image

入口から入ると、直ぐに浴槽があります。
f:id:furo_emon:20190823131206j:image
f:id:furo_emon:20190823131209j:image

f:id:furo_emon:20190823131300j:image
f:id:furo_emon:20190823131153j:image

脱衣所はなく、写真の様に浴槽の両側に棚があるので、そこで着替えます。


f:id:furo_emon:20190823131213j:image

他に入浴者がいなかったので良いですが、浴槽からは丸見えです(*´>д<)
f:id:furo_emon:20190823131146j:image

お湯はやや熱めでしたが、いいお湯です👍
f:id:furo_emon:20190823131159j:image

向こう側の生垣の向こうは金鱗湖です。

観光客のざわざわとした声が聴こえて来ます。
f:id:furo_emon:20190823131202j:image
f:id:furo_emon:20190823131133j:image
f:id:furo_emon:20190823131136j:image

よくクチコミで、外から丸見えとか言うのを見ますが、そんな事はありません。

ちゃんと目隠ししてあります。

 

ただ、入口から入って直ぐに浴槽なので、観光客が(特に外国人)興味本位で戸を開ける人がいます。

私達が入浴中にも何回かありました(笑)

↓↓↓こんな感じで、奥に見える戸を開けるとすぐ外です😅

f:id:furo_emon:20190823161826j:image

 

でも観光スポットにありながら、案外誰も入浴していない事が多いみたいで、ゆっくり楽しめました。

 

女性にはチョット厳しいかもですがね😅💦

 

 

下ん湯の側には、地元の方専用の共同浴場もありました。

さすが有数の温泉地ですね!
f:id:furo_emon:20190823131216j:image
f:id:furo_emon:20190823131156j:image

 

周辺は湯布院観光の散策道に色んなお店が並んでいます。

f:id:furo_emon:20190823131402j:image

お風呂上がりに冷たい飲み物なんかも飲めます👍
f:id:furo_emon:20190823131357j:image
f:id:furo_emon:20190823131407j:image

 

平日に行ったのですが、ここは日本なのかと思うくらい外国人観光客で混雑している湯布院でした。

 

✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤

読者になってくださいね💁‍♀️

↓↓↓ランキングに参加しております。 ポチポチお願い🙇‍♀️🙏

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 混浴温泉へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ
にほんブログ村


温泉ランキング

 

⑨九州ぶらり旅 別府冷麺「一休の泪」

別府のソウルフード別府冷麺

【一休の泪】

f:id:furo_emon:20190823104522j:image

一休の泪

食べログ 一休の泪

 

874-0910 大分県別府市石垣西
10丁目5-7 ウエスティンやまなみビル 1F

営業時間 11:00~20:00

定休日 なし

 

別府冷麺

満州から引きあげてきた料理人が、昭和25年に別府で冷麺店を開業したことが別府冷麺の始まりと言われています。

 

別府冷麺「一休の泪」

もっちりした腰の強さとツルッとした喉越しが自慢の自家製麺と、牛骨和風だしに爽やかなかぼすの香りが広がる。 

店内はお洒落な店内で女性にも大人気らしいです!

ミシュランガイドにも掲載されています。

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

別府と言えば、だんご汁、とり天、そして別府冷麺!

別府冷麺の発祥「胡月」にも行きたかったのですが、別府を案内してくれている地元湯友さんのオススメで「一休の泪」へ

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

↓ちなみに「胡月」

f:id:furo_emon:20190823103533j:image

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

冷麺の店とは思えないお洒落な外観

f:id:furo_emon:20190823103802j:image
f:id:furo_emon:20190823103806j:image

店内もオシャレ〜♬

f:id:furo_emon:20190823103742j:image
f:id:furo_emon:20190823103758j:image
f:id:furo_emon:20190823103811j:image

f:id:furo_emon:20190823103752j:image
f:id:furo_emon:20190823103755j:image

ミシュランガイドに載ってる!
f:id:furo_emon:20190823103739j:image
f:id:furo_emon:20190823103736j:image

これが別府冷麺‼️
f:id:furo_emon:20190823103748j:image
f:id:furo_emon:20190823103745j:image

牛骨ベースに魚介系和風スープを合わせたものにモチモチ自家製麺

やはり関西の冷麺でもなく、冷やし中華でもなく、韓国冷麺でもない、別府で進化したこれぞ別府冷麺ですね‼️

 

美味しかった😋

 

✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤

読者になってくださいね💁‍♀️

↓↓↓ランキングに参加しております。 ポチポチお願い🙇‍♀️🙏

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 混浴温泉へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ
にほんブログ村


温泉ランキング

 

 

 

 

 

 

⑧九州ぶらり旅 鉄輪温泉「みゆきの湯」

✤貸切家族風呂

【別府 鉄輪温泉「みゆきの湯」】

かんなわおんせん「みゆきのゆ」

【公式】みゆきの湯 別府鉄輪温泉 家族風呂

f:id:furo_emon:20190823100942j:image

 

貸切家族風呂のみの立寄り温泉施設で、全て源泉かけ流し‼️

さすが別府って感じですね!

 

・露天風呂付き家族風呂  4室

・内湯のみ  家族風呂       4室

f:id:furo_emon:20190823091942j:image

 

露天風呂付

平日11:00~16:00
60分2,000円
平日16:00~23:00
60分2,500円
(延長30分1,000円)
土・日・祝日
16:00~23:00
60分2,500円
(延長30分1,000円)


内湯風呂

平日11:00~16:00
60分1,500円
平日16:00~23:00
60分2,000円
(延長30分800円)
土・日・祝日
16:00~23:00
60分2,000円
(延長30分800円)

 

f:id:furo_emon:20190823091853j:image
f:id:furo_emon:20190823091856j:image

↓グループのホテル鉄輪
f:id:furo_emon:20190823091859j:image
f:id:furo_emon:20190823091912j:image
f:id:furo_emon:20190823091903j:image
f:id:furo_emon:20190823091906j:image

内湯と露天風呂があるタイプにしたので、ゆっくりのんびり出来ます👍
f:id:furo_emon:20190823091909j:image

 

家族風呂に特化した立寄り温泉施設

しかも源泉かけ流し!

別府はやっぱりいいなぁ〜

って思いました♬

 

 

 

✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤

読者になってくださいね💁‍♀️

↓↓↓ランキングに参加しております。 ポチポチお願い🙇‍♀️🙏

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 混浴温泉へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ
にほんブログ村


温泉ランキング

 

⑦九州ぶらり旅 食事処・甘味処「甘味茶屋」

食事処•甘味処

別府【甘味茶屋/あまみじゃや】

f:id:furo_emon:20190822182942j:image

甘味茶屋
〒874-0835 大分県別府市実相寺1-4
1,000円(平均)1,000円(ランチ平均)


鉄輪温泉の近くにある別府の老舗甘味茶屋。「だんご汁」「とり天」「やせうま」などお食事や甘味がたくさんあります。

緑に囲まれた広い敷地内は車がいっぱい。観光客や大分市からドライブがてらに立ち寄る人や地元の人達などから絶大な支持を得ているそうです。

f:id:furo_emon:20190822183926j:image

ランチを食べに地元の湯友さんに連れて行ってもらいました✌️
f:id:furo_emon:20190822183933j:image

名前は甘味茶屋ですが、食事もあります!
f:id:furo_emon:20190822183931j:image
f:id:furo_emon:20190822183922j:image


f:id:furo_emon:20190822184006j:image

f:id:furo_emon:20190822184009j:image

f:id:furo_emon:20190822184001j:image

 

「だんご汁」は大分の郷土料理で、幅の広い手延べの平麺に根菜や椎茸がたっぷりと入った味噌仕立て。

 

せっかく別府に来たので、やはりその土地の名物を食べないとね!

 

という事で、だんご汁と天むすびのセット、それから、別府とり天 を注文!

f:id:furo_emon:20190822184114j:image
f:id:furo_emon:20190822184118j:image

食べる迄は

正直に言うと、だんご汁…う〜ん🤔

美味いのかなぁ〜??

なんて思っていたのですが、食べてみると

超美味〜い‼️
f:id:furo_emon:20190822184111j:image

別府とり天も柚子胡椒をのせて甘めの醤油を付けて頂きましたが、これまた

超美味〜い‼️
f:id:furo_emon:20190822184125j:image
f:id:furo_emon:20190822184121j:image


f:id:furo_emon:20190822184244j:image

f:id:furo_emon:20190822184239j:image

 

満足!満足!

 

本当は、大分の郷土菓子の「やせうま」なるものも食べてみたかったのですが、お腹も一杯なので断念😭

f:id:furo_emon:20190822191521j:image

今度来た時は絶対食べよ!

 

いやぁ〜

本当に美味しかった!

やっぱり地元の方に教えて貰うのが一番ですね👍

店内が常に満員なのが納得しました。

 

✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤

読者になってくださいね💁‍♀️

↓↓↓ランキングに参加しております。 ポチポチお願い🙇‍♀️🙏

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 混浴温泉へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ
にほんブログ村


温泉ランキング

⑥九州ぶらり旅 「別府温泉保養ランド」

別府温泉保養ランド】

f:id:furo_emon:20190821224422j:image

【公式 別府温泉保養ランド Spring mud】

 

別府温泉保養ランドのご案内です。紺屋地獄は豊後風土記に記載され、弘法大師空海様も訪れた古く由緒ある温泉です。

 


名 称    別府温泉保養ランド
住 所    別府市明礬5組 紺屋地獄
T E L       0977-66-2221
営業時間 9:00~20:00
年中無休
料金       ¥1,100

宿泊        一泊二食付き ¥7,500
駐車場    有り200台

 

【浴 場】
(屋内)
コロイド湯(男女別)
鉱泥(どろ湯)大浴場(男女別)
むし湯(男女別)

 

(露天)
鉱泥大・小浴場(混浴)
滝湯

f:id:furo_emon:20190821204532j:image

 

やって来ました!

別府温泉保養ランド

ここは、泥湯で有名なんです。

この泥湯は、ここと東北の一部など数ヶ所くらいしかないので貴重です。

クチコミは色々、賛否両論ですが泉質効能は間違いないですよ👍

f:id:furo_emon:20190821205626j:image
f:id:furo_emon:20190821205634j:image

昭和の匂いがプンプンする温泉施設です。

宿泊も出来ます。
f:id:furo_emon:20190821205724j:image

フロントで入浴券を買い、専用のスリッパに履き替えます。
f:id:furo_emon:20190821205708j:image
f:id:furo_emon:20190821205703j:image

渡り廊下を通って浴場へ向かいます。
f:id:furo_emon:20190821205652j:image

途中、蒸気が吹き上がっています!f:id:furo_emon:20190821205648j:image
f:id:furo_emon:20190821205700j:image

↓ここが浴場の入口で、休憩所になっています。

なんかますます昭和チックな香りが〜
f:id:furo_emon:20190821205614j:image
f:id:furo_emon:20190821205721j:image
f:id:furo_emon:20190821205610j:image

地獄と直結した温泉なんや〜😱
f:id:furo_emon:20190821205717j:image
f:id:furo_emon:20190821205645j:image

コロイド湯
f:id:furo_emon:20190821205655j:image
f:id:furo_emon:20190821205619j:image

ここが内湯の泥湯です。

温泉の比重が重いので、カラダが浮いた感じになるので、棒に掴まりながら入浴します。

f:id:furo_emon:20190821211232j:image

これが滝湯
f:id:furo_emon:20190821205603j:image


f:id:furo_emon:20190821205606j:image

さぁここが、混浴の露天風呂の泥湯です。
f:id:furo_emon:20190821205641j:image

混浴なんですが、竹竿で男女の境界を作っています。

泥はきめ細かいペースト状
f:id:furo_emon:20190821205638j:image

女性は、シャワーキャップを付けて入浴します。

↓こんな感じ
f:id:furo_emon:20190821205712j:image

f:id:furo_emon:20190821205808j:image

混浴の泥湯は二つあって、もう一つ小さい方があるのですが、上の見取り図の様に、女性はこの小さい方へ行くには、男性の目の前を裸で歩いて行く以外方法はありません😅💦

これってどうよ😱

と言いつつ、嫁さんは男性の前を歩いて小さい露天へ行きました(笑)

こちらの小さい露天の泥湯の方が、泥が多くて綺麗な感じがしました👍

 

念願の泥パックも出来たし、なかなかレトロな温泉で楽しめましたよ✌️

 

(浴場画像は、保養ランドHPより一部引用)

 

お風呂一杯入ったので、この後ランチ٩(ˊᗜˋ*)و♪

 

✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤

読者になってくださいね💁‍♀️

↓↓↓ランキングに参加しております。 ポチポチお願い🙇‍♀️🙏

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 混浴温泉へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ
にほんブログ村


温泉ランキング